<   2006年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2006.02 会合  O邸構造見学会
2月25日
 去年の9月に大黒柱の伐採に京北までおいでただいたO氏の住宅が形を成してきたということで、見学させてもらった。その後よしやまち町家校舎でいつものように夕食をとりながらの会合となった。また、今回から秋田県立大学教授の鈴木有(すずき たもつ)先生を本ネットワークの顧問としてお招きし、構法のことや、ネットワークの運び方、課題、などをお伺いした。

d0105721_19393717.jpgO邸見学会  この住宅は京北の杉をふんだんに使っており、上小も使っているが並材で非常に凝った仕事をしている。
 今の伝統的な木造に世間の人が向かっているのは、やはりちゃんとした木をきちんとつかって家をつくってもらいたいという気持ちからで、そのためには、どうしても木を見えるようにつかわなくては、つまり真壁の家づくりでなくてはいけない。大壁の家づくりでは、どうしても値段の安い木が選ばれてしまう。
 d0105721_19414822.jpg軒裏には30ミリの杉板を化粧として(あらわしで)使っている。これは2004年7月7日に出た告示「伝統的構法による外壁や軒裏の構造方法」に沿った仕様になっていて、ネットワークのメンバーである木村棟梁はこの告示までの道のりに尽力した施工者のひとりである。
 木を供給した側からは、自分の伐った材が家に使われているのを見るチャンスはほとんどないので、とても嬉しいとのことだった。完成したら是非また見せていただきたい。

よしやまち町家校舎にて  今回から顧問として参加いただいた鈴木有先生は、全国的に広がっている近くの山の木で家をつくる運動のリーダーのお一人です。専門の構造学的な見地からのみではなく、地球環境を視野に入れたエコロジーの見地やまた、木の家づくりに伝統されたすそ野の広い文化を底辺にされ、これからの木や建築の将来にもっとも意味のある視点をお持ちです。全国のこうした運動に目を配われ、講演もされており、たいへんお忙しい先生です。各地の運動の事例にも通じておられるので、たいへん心強くありがたく思います。
 
 鈴木先生からのアドバイス
「かつて、山の方は木を出せばよかった。まちの方では使える木があればよかった。戦後、効率性を求める時代になり、木材はどこかで集約的に大量生産して流通させるものとなった。一方、住宅生産方法も変わり、日本の木を使わなくなった。そして木そのものが使われなくなった。
 近年、森とまちをつなごうという運動が起こり、各地に広まりつつあるなかで、色々なことがわかってきた。「地産地消」が言われ、「顔が見える関係」を維持するために、小さな単位で木が動くというのが本来的。今日、各地で行われているネットワークはしたがって小さなものであり、それぞれで年に数棟という実績を上げている。今日、新たな傾向として、そういう箇々の小さなネットワークが緩やかに手をつなぐ段階に入っている。大事なのは、小さな個性をもったネットワークが各地にあるということと、それが緩やかに手を結び、共同の本拠として、たとえばモデルハウスを持てるようになると、一般のユーザーが実体験が可能になり、効果的である。行政もそのような組合には加担しやすい。一般にはユーザー側に情報が回っていない。特殊なルートでつながる場合がほとんど。ユーザーはまずメーカーのモデルハウスに行く。いくつか回っておかしいと気づいた人たちがネットワークの存在を知る。したがって、まだまだ割合は少ない。気軽に勉強できるモデルハウスが必要。大事なポイントは、個性。ネットワークによって家づくりが違うということ。それは地域の事情によるものと、人々の性格によって異なる。
 今後の重要な傾向として、従来はこうしたネットワークの目的にエコロジーという考えがあった。けれども、エコロジーはわかるが、エコロジー住宅は窮屈だと。そこにアメリカ生まれのLOHAS (Life Styles Of Health And Sustainability)という運動が最近になって多くの人々の指示を受けて始めている。ロハス人口は今や、全米の1/4とも1/3とも言われる。エコロジーの主張と違うのは、選択枝を多様に持つということ。たとえば、香川県の戸塚元雄氏のネットワークでは、新しい「3間角」の家づくりというアイデアを提案している。これはプレファブ住宅という考えを伝統構法で行うものだ。3間角の構造ユニットと設備を標準化して、コストダウンをはかり(30代の若い世代のために1000~1500万円)、選択、増殖を可能にしている。六車工務店も、戦後の若齢木の利用のための工夫を提案している。こうした先進的な試みをぜひ見に行くことを勧める。」
 京北には、北山杉のような特異の林業文化がある。また、「京北の家づくり」というキャンペーンがあるが、これは若い人に京北に定住して欲しいという狙いのものである。このネットワークの個性はまさに京北の個性である。京北の個性を活かして、利用してこのネットワークを盛り上げていかなくてはならない。さらに、個々の「家づくり」のみではなく、「まちづくり」あるいは公共建築を手がけるというのはとてもいい。公共施設に木造をという声は今や都道府県レベルで広まっており、市町村にまで降りて来つつある。ただ、今はそのノウハウが不足している。
 ひとまず行動に移せることとしては、 
  ・自己流で「京北の木」という認証制度をつくるd0105721_19524060.jpg
  ・ブランドに必要な性能、品質保証をすること
  ・伐り旬を守る
  ・できるだけ天然乾燥を唱えるように
  ・時間短縮のために、中温乾燥を間に入れてやる
  ・木の曲げ剛性を測るヤング率を表示するのもいい
  ・色々な実験をして、それを公開する
といったところだろうか。

 鈴木先生には現場にて各所にご指摘をいただけたこと、ありがたく思います。よしやまちの試験に関してのアドバイス、その後の会議での貴重なご指導は、鈴木先生ならではの水際立ったものでした。心から感謝いたします。

以上
[PR]
by keihokunoki-net | 2006-02-25 17:46 | 会合