タグ:イベント ( 13 ) タグの人気記事
「片波の森 散策と山の製材所見学ツアー」 開催します
天高く、さわやかな季節となりました。
さて、猛暑と騒がれた今年の夏もようやく去り、今年も山には紅葉の季節が近づいてまいりました。
「京北の木で家をつくろう」ネットワークでは、京北の自然と山の製材所を見るツアーを企画しました。今回は同日行われます、野菜などの特産品や色々なブースも出て、賑わいを見せます「京北ふるさとまつり」を楽しみ、普段見られない山の製材所で、山の木が建築材になる工程を見学し、お昼は、京北で唯一の造り酒屋(今は地ビールも作っておられます)羽田酒造のビアハウスで昼食を取り、バスで紅葉の美しい片波川源流域の自然環境保全地域 伏条台杉(ふくじょうだいすぎ)群生地の2時間ほどの散策と自然の秋を楽しめる 盛り沢山な企画となっております。
ぜひともふるってご参加下さいますようお願い申し上げます。

         記
日時: 平成20年11月3日(祝日、月)
集合 (京北)9時20分集合 又は、
   (京都市内)8時集合(場所は、後日調整の上お知らせ致します。)
解散 午後4時ごろ羽田酒造駐車場にて解散 (京都市内は約1時間半後)
集合場所:「京北ふるさとまつり」会場内 
      「京北の木で家をつくろう」ネットワーク ブース前
       (右京区周山 ウッディ京北前駐車場)
    ※ お車でない方は、京都市内より車に分乗で向いますので。
               申込時に申し添えください。
参加料: 大人 1,500円(昼食を含む、お酒は別途)
子供(中学生以下)1,000円(昼食を含む)
     (食事なしの幼児は無料)
          参加費は、当日現地にて申し受けます。
募集人数:     30名(先着順)
その他: 動きやすい服装。 道は整備されていますが、滑りにくい靴で参下さい。
      小雨の場合も実施いたします。
申し込み方法:
FAXまたはメールのいずれかに(1)住所 (2)参加者全員の氏名および年齢 (3)連絡先電話番号・FAX番号 (4)集合場所をご記入の上、下記までお申し込み下さい。 
後日、受付確認のご連絡をFAX又はメールにて致します。
申込先:
〒603-8484 京都市北区衣笠氷室町48-28 「京北の木で家をつくろう」ネットワーク 事務局 (ア-クス建築事務所内)
FAX : 075-467-9293   Eメール : keihokunoki@gaia.eonet.ne.jp
(お問い合わせ Tel : 075-467-9292)
                        以上


d0105721_17404483.jpg
[PR]
by keihokunoki-net | 2008-10-27 17:47 | イベント
杣人工房 モデル工房オープニングイベント終了
5月17日、18日と杣人工房 モデル工房オープニングイベントを開催しました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

チラシを見てきてくださった方が多く、やはりお目当ては京北の新鮮野菜でした。自分たちが口にするものだから、地元のものを といった考えをお持ちの方もいらっしゃって、その考えが、家のこと、木のことにまで及べば、おのずと京北の木も使ってもらえるようになるのでは…と、少し希望が見えた気がしました。
 
地産地消を意識しておられる方は多いと思います。しかしそれはまだ「食」の世界に留まっているように思います。「住」の世界でも少しずつですが、地産地消が叫ばれるようになってきました。今回のような活動や行動がもっと周知されれば、地元の木を選んで家を建てようとする方は増えてくると思っています。

これからもこういったイベントを企画していきますので、興味のある方はぜひ参加してほしいと思います。
ご協力いただいた皆様、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

d0105721_11253942.jpgd0105721_1126092.jpg
d0105721_11285351.jpgd0105721_1129711.jpg

[PR]
by keihokunoki-net | 2008-05-20 09:45 | イベント
杣人工房 モデル工房オープニングイベント開催
 天気の良かったゴールデンウィークも終わり、いよいよ京都に暑い夏がやってきます。その前の短い過ごし良い時期に杣人工房のモデル工房オープニングイベントを開催いたします。
 京北のことをもっと知っていただくために、いろんな企画やプレゼントを用意しております。
是非お越しください。

d0105721_2055128.jpgd0105721_20553489.jpg


日時 ●5月 17日(土)、18日(日)  am10:00~pm5:00
場所 ●京都市西京区上桂前田町50-1 桂グランドハイツ107 (フジノ工務店 内) map
TEL ●075-394-1711 
FAX ●075-394-1712


○イベント○

朝市 ●am10:00~売り切れまで  京北より新鮮な野菜をお届けします。
北山丸太や京北の杉桧 展示 ●実際に触れて、違い・良さを体感していただけます。
木の家相談会 ●新築・リフォーム・耐震など当ネットワークメンバーがお待ちしております。

さらに、アンケートにお答えいただいた方に抽選で京北のいいものプレゼント!

京北 宇津峡公園コテージ 一棟(4名様)宿泊券 ●2名
京北の山に植わっている杉丸太(伐採立会、皮むき体験付) 1本 ●10名
北山杉 丸太柱(磨き・絞り) ●10名
京北の杉の切り株(スツールにできます) ●10名
ウッディー京北(朝市) 商品券(1000円分) ●20名

●イベントに際し、チラシと当ネットワークのパンフレットをつくりました。
[PR]
by keihokunoki-net | 2008-05-09 18:58 | イベント
京の山 杣人工房・里山交流会(前編)
4月20日
d0105721_2052936.jpg

 杣人工房のモデル工房、4工房合同企画で『里山交流会』と題し、植林体験ツアーを開催しました。当日は天気も良く、絶好の植林日和となりました。ご協力いただいた京北名協の皆様ありがとうございました。ご参加いただいた皆様お疲れ様でした。

d0105721_2053474.jpg集合場所は京北名協。倉庫の中をみんなで見学しました。
d0105721_20561159.jpg植林する現場に到着。みんなで約100本の杉のなえを植えます。
d0105721_2054211.jpgd0105721_20542630.jpg名協の方たちによる植え方の説明。きちんと植えなければ育ちません。
d0105721_2055445.jpgいざ出発。
d0105721_20581434.jpgd0105721_20584929.jpgまずは穴掘りから。傾斜が急で掘った土が下へ流れないよう慎重に。
d0105721_2101624.jpgd0105721_2105399.jpg穴が掘れたら根の向きを山側へ向けて植えます。
掘り返した土はごみを除いて埋め戻します。
後編へ続く→


[PR]
by keihokunoki-net | 2008-04-21 15:56 | イベント
京の山 杣人工房・里山交流会(後編)
→前編からのつづき

d0105721_2059152.jpg土を戻したら軽く踏んで固めます。子供たちも一生懸命やってくれました。
d0105721_2144189.jpg最後に、杉がまっすぐ育つように、根とは反対方向にくいを打ち、縄で軽く縛って終了です。
d0105721_2110150.jpgd0105721_21103161.jpgお昼は京北名協に戻って、鹿肉と鮎のバーベキューをいただきました。
おいしかった。
 夏前の下草刈りも同じような形のツアーが組めればよいなと思っています。その際は今日参加していただいた皆さんにもぜひ来てほしいと思います。願わくば、その先の枝打ちや間伐、最後の伐採まで立ち会えたらいいなと考えています。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


[PR]
by keihokunoki-net | 2008-04-21 15:55 | イベント
K邸 完成見学会
1月13日、14日にK邸の完成見学会を行いました。
ご近所の方にたくさん来ていただきました。

d0105721_17432668.jpgd0105721_17435489.jpg
d0105721_17441488.jpg 当日はとても寒く、床暖房がいつもにも増して暖かく感じました。
緑の交付金制度については、ご存知の方も何名かいらっしゃいましたが、ほとんどの方がご存知なく、とても興味深く聞いておられました。工事期間中、京都府の垂れ幕を下げておいたのですが、それが気になって…という方もいらっしゃいました。 
 写真[上左]:リビングに広げた緑の交付金制度の
         パネルを前に説明をしているところ
    [上右]:和室
    [下左]:リビングの吹抜部分、
         ロフトを見上げているところ


d0105721_1747113.jpgd0105721_17472965.jpgd0105721_17484671.jpg
写真[左]:階段部分、真中に立つ柱は北山丸太でこの家のシンボル。
   [中]:和室から廊下を通してリビングを見たところ。
       廊下、リビングの床は京北産の杉。
   [右]:和室。畳は縁なしで一般のものよりも目が細かくなっています。
       天井は琵琶湖産のガマ芯糸通しベニヤ仕上げ。
[PR]
by keihokunoki-net | 2008-02-12 17:39 | イベント
会合を行います
 前回の会合で話に挙がりました「京北の家」での会合を、急ではありますが、下記の日程で行います。また、当日は京北林業振興展のイベント『京北発!磨丸太体験ツアー ~木の香る温もりのある暮らしの創造~』が開催されるので、それにも参加しようと思います。磨丸太ツアーに関しては事前の申し込みが必要ですので、参加を希望される方はご連絡ください。参加費は無料です。

日にち: 11月11日(

林業振興展 『京北発!磨丸太体験ツアー』

   会場: 京北銘木生産協同組合(右京区京北細野町)  地図

   日程: 10:00 開会
        10:30 磨丸太加工体験
        12:00 木工品作り
        13:00 昼食(軽食付)
        14:00 終了

ネットワーク会合

   会場: 「京北の家」
   時間: 14:30~17:00
   議題: 1.「京北の家」活用について
        2. 規約について
        3. ネットワーク「パンフレット」作成について
        4. その他

☆お問い合わせ

   ア-クス建築事務所
   Tel   : 075-467-9292
   Fax  : 075-467-9293
 
[PR]
by keihokunoki-net | 2007-11-08 10:13 | 会合
構造見学会 終了
10月28日

「京都の山の木でつくった家 構造見学会」を行いました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

前日まで降っていた雨もやみ、気持ちの良い秋晴れのなか見学会を行いました。木のことに熱心なお客さんや、近所の方々に来ていただきました。建物の正面に張ってある京都府の垂れ幕はやはり目立つらしく、「気になってたんです。」というお客さんもいらっしゃいました。

d0105721_18482595.jpgd0105721_1848582.jpg
京都府からパネルをお借りして展示させてもらいました。「緑の交付金制度」のことや、「ウッドマイレージCO2認証制度」のこと、まだまだ浸透していないなと改めて感じました。もっとたくさんの人にこの制度を知ってもらい、一軒でも多くの京都産材の木の家が建てばいいなと思います。

d0105721_18503746.jpg工事中は養生してある化粧材もこの日はお披露目。階段の中心に立つ北山丸太も一部だけ養生をはずし、初めてその姿を現しました。出来上がった階段を上れば、木登りしている感覚が味わえるのでは…完成が楽しみです。


この家の完成予定は年末です。そのころに完成見学会を予定していますが、時期が時期だけに開催できない可能性もあります。今日来ていただいた方には是非とも完成した姿も見ていただきたいので、なんとか開催できるようにしたいと思っています。詳しいことが決まり次第、またこの場でおしらせします。
(お客様アンケート結果 PDF 33kb)
d0105721_1851638.jpgd0105721_18512829.jpg

[PR]
by keihokunoki-net | 2007-10-30 18:56 | イベント
京都の山の木でつくった家  構造見学会
d0105721_14544647.jpg 先日、『伐採式』を行ったK邸の棟が上がり、大屋根の野地板も張り終わりました。そこで、構造体が隠れてしまう前に、下記の日程で構造見学会を行います。この建物は京北の杉と桧でつくられています。無垢の木の良さ、を実際の眼で見て、触れてください。きっと違いが判っていただけます。
地球温暖化防止にもつながる、エコで安全な地元の木でつくられた住宅です。


         日時    10月28日(日) am10:00~pm4:00
                
         会場    京都市中京区西ノ京大炊御門町

    お問い合わせ    ア-クス建築事務所
                京都市北区衣笠氷室町48-28
                TEL 075-467-9292 FAX 075-467-9293

         主催    「京北の木で家をつくろう」ネットワーク

         共催    京都・森と住まい百年の会
                京北森林組合       (木材供給)
                ア-クス建築事務所   (設計)
                有限会社 中村建工   (施工)

         後援    京都府/京都市


■周辺道路は狭く、駐車できませんのでお車でのご来場はご遠慮ください。

チラシつくりました。→PDF 350kb
[PR]
by keihokunoki-net | 2007-10-22 18:25 | イベント
2007.07 伐採式
7月29日
 先日、このネットワークでは第2回目となる「伐採の儀式」を行いました。お施主さんにとって、自分たちが住む家の木が、どこの山で育ったのかを知ることは、家への安心感や、愛着を得ることができると思います。また、木の育て方、山との付き合い方など、普段聞けない山の方の話が聞けるのも一つの楽しみだと思います。
  
 簡単ではありますが「伐採の儀式」の流れを紹介したいと思います。

d0105721_16263950.jpg 今回もお世話になる山主の勝山さんに3本ほど候補の木を出してもらい、お施主さんに決めてもらいました。といっても素人には良し悪しの判断がつきません。勝山さんの話を参考にして、一番身の詰まってそうなものを選びました。
d0105721_16273047.jpg 選んだ木を囲んで記念撮影。樹齢7~80年の立派な杉の木です。
d0105721_16285017.jpg 米、塩、酒を木の根元に供え、お施主さん、設計、大工の順に祈りを捧げました。お祈りし終わったら、供えておいた米、塩、酒を木の根元に撒きます。
d0105721_16301128.jpg 倒す方向が決まれば、まずはお施主さんが斧を入れます。設計、大工もそれぞれ斧を入れました。最後に、斧を入れた方と逆の方から鋸をいれて儀式は終了です。
d0105721_16311833.jpg あとはプロにお任せ。われわれ素人は安全な場所から見守ります。
 まずは、倒す方向にある木と今回伐採する木をワイヤーで繋ぎます。次に倒すほうの面にチェーンソーで切り口を入れ、逆からも切込みを入れます。最後にワイヤーをゆっくり引っ張って狙った場所へ倒します。写真は倒す位置を入念にチェックしているところ。
d0105721_1633380.jpg 倒した木と記念撮影。杉は含水率が高く、生木だと約50%は水分だそうです。そのため切り口からは水分がどんどん染み出してきていました。とりあえず、このまま葉枯しをして、使う直前に乾燥機に入れてから使おうという事になりました。赤身の部分のピンクがとてもきれいで、年輪も割と均等に詰まっていて、とてもいい木が伐れたと思います。

d0105721_16432010.jpg 帰りに勝山さんの他の山も見せてもらいました。中には京都府と協定を結んだ場所もあり、そこは神秘的な感じのする場所でした。

 話は変わりますが、第1回目の伐採の様子が紹介されている佐野先生のHPで、近頃完成した京北森林組合の新工場の苦労噺が紹介されています。杉丸太を半割りにし、トラスで組んだ構造体はとても豪快です。地元京北の材、京北の工務店・大工でつくり上げたことは、低コスト、低環境負荷につながっていると思います。ぜひご覧ください。
   
        →第1回「伐採の儀式」         →京北森林組合新工場苦労噺
 
[PR]
by keihokunoki-net | 2007-08-01 20:55 | イベント